「貸切バス事業者安全性評価認定制度」の「三ツ星」認定のお知らせ

 
  •  株式会社じょうてつは、公益社団法人日本バス協会の「貸切バス事業者安全性評価認定制度」認定委員会において、安全輸送に対する取り組みが優良と認められ、「三ツ星」認定を受けました。
  •  この制度は、貸切バスの利用者にとっては、利用しようとする個々の貸切バス事業者が安全性の確保のための取り組みを適切に行っているか否かを判断することは難しいことから、公益社団法人である日本バス協会において、貸切バス事業者からの申請に基づき、安全性や安全の確保に向けた取組状況について評価認定を行い、これを公表するもので、平成23年度から運用を開始しました。これにより、利用者がより安全性の高い貸切バス事業者を選択しやすくなるとともに、本制度の実施を通じ、貸切バス事業者の安全性の確保に向けた意識の向上や取り組みの促進を図り、より安全な貸切バスサービスの提供に寄与することを目的としています。
  •  評価認定の方法は、具体的には、@安全性に対する取組状況、A事故及び行政処分の状況、B運輸安全マネジメントの取組状況について、日本バス協会において書面及び訪問審査を行い、日本バス協会に設置された学識経験者、有識者、国土交通省、日本バス協会により構成される貸切バス事業者安全性評価認定委員会において、評価認定が行われます
  •  認定を受けた事業者については、国土交通省並びに日本バス協会のホームページにおいて公表するとともに、認定証とバス車両貼付用の「SAFETY BUS」シンボルマークのステッカーが交付されます。シンボルマークの星の数は、認定初年度は「一ツ星」で、2年毎に審査認定を行い、最短4年で最高位の「三ツ星」を取得することができます。
  •  株式会社じょうてつは、今後も最高位の「三ツ星」認定継続を目指すとともに、引き続き「安全・安心・快適」な輸送に取り組んでまいります。